親睦会”Cantine Aperte”を開催

6月10日(日)の「2018年度新潟イタリア協会通常総会」のあと、恒例の親睦会を今年度から新たに「Cantine Aperte(カンティーネ・アペルテ:『蔵開き』の意)」と銘打って開催しました。 この主旨としては、昨年度から造り始めた当協会のオリジナルワインと、蔵出しの日本酒を年度当初に当たって存分に味わおうというもので、ワインは新潟市西蒲区のセトワイナリーさん、日本酒は新発田市の金升酒造さんからご提供いただきました。

 とりわけ、ワインは前年の秋に新潟イタリア協会の会員が収穫したものを仕込んだもので今後もビンテージを重ねていくもの、日本酒は折しも当日自社で「蔵開き」を終えたばかりの金升酒造さんの社長の髙橋さんが持って駆けつけて下さいました。 会場のホテルイタリア軒さんのイタリア料理ととてもよく合い、あっという間に空瓶が並んでいきます。 なお、今回の趣向として、金升酒造さんのお作りになっているノンアルコールの甘酒をアイスクリームにかけ、イタリア料理のドルチェとして食べるというプレゼンをし、好評をいただきました。 来年度も更に趣向を凝らして開催します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください